そもそも期間工とは?

繁忙期の人手不足を補うために雇用された臨時の作業員

期間工は雇用契約の期間が決まっている労働者です。特に工場作業員を期間工と呼ぶことが多く、主に繁忙期の人手不足を補うために雇用されます。かつては農閑期の農業従事者が従事する仕事として知られ、特定の季節に集中することから季節工とも呼ばれていました。現在では農業従事者に限らず様々な人が期間工の仕事に従事しています。工場の繁忙期は設備を終日稼働させることが多く、夜勤や休日出勤に従事するケースが珍しくありません。特別な知識や技術を必要としない単純作業が主であり、工場の仕事が未経験な人でも働くことができます。また、雇用期間が限定されている分、時給単価が高額に設定されていることも多いので短期間に稼ぐのに適した働き方と言えるでしょう。

メリットとデメリットについて

期間工として働く最大のメリットは短期間で多く稼げることです。期間工は半年から一年程度の雇用期間が多く、夜勤や休日出勤の割合も少なくありません。時給単価も高いことから、同じ日数でも通年雇用の工員より多く稼ぐことが可能です。そのため、お金を貯めたい人が期間工に従事する傾向にあります。単純作業が主なので基本的には誰でも働くことができる点もメリットと言えます。一方で期間工は雇用期間が限られていることから、長い目で見れば収入が安定しないデメリットもあります。長くても一年程度の雇用期間なので就労実績と見なされないことがあり、後の就職活動に支障をきたす可能性は否定できません。そのため、キャリアアップを図るには不向きな働き方と言えます。

期間社員は組立などライン作業を任される事が多いです。リズム良く作業をこなしていく必要がありますが、特に難しい仕事ではなく自然に慣れていきます。