期間工の勤務期間

工場の繁忙期に左右される

期間工は工場の繁忙期に起こる人手不足を解消するために雇用される臨時の作業員です。工場は業種によってそれぞれ異なる繁忙期があり、その際は生産量が増加することによって設備が終日稼働の状態になることも珍しくありません。通年雇用の作業員だけでは繁忙期に必要な人数が不足しているため、臨時の作業員である期間工を雇用するのです。期間工は業務の性質上、雇用期間は繁忙期の日数に左右されます。同じ工場でも年によって期間工の雇用日数が異なるのは繁忙期が必ずしも一定の日数とは決まっていないためです。また、当初の雇用契約で決められた勤務日数が繁忙期の影響で変動することもありますが、雇用した会社によって対応が異なるのも事実です。

数か月から半年程度の雇用期間が多い

工場の繁忙期は業種によって異なりますが、大抵は2か月から3か月ほどの期間です。長くても半年程度であり、期間工の雇用期間も同様になります。あくまでも人手不足を補うことを目的とした雇用なので、繁忙期が終われば期間工も不要になります。生産体制が落ち着き、通年雇用の作業員だけで業務が円滑に進むと判断された時が繁忙期の終了と解釈できますが、稀に繁忙期を過ぎても期間工が雇用され続けることもあります。製品の仕分けや発送、設備のメンテナンスなどの付随作業に従事するケースがあるためですが、すべての工場で雇用期間が延長されるわけではありません。

通年雇用の作業員が少ない、急に仕事が増えたなど特別な理由がなければ期間工の雇用期間は数か月から半年ほどに留まるのが普通です。

期間従業員の募集で多いのは自動車関連の製造業です。入社時の補助が手厚く遠方に住む人の就業のサポートに力を入れています。